「正義」とは?「悪」とは?

23ヒロキング
2018-04-02 11:41:03
ID:GrZA1zJU

宗教とはいえ強制的に信じ込ませるものだけでは無いし大半が自らの信じるものを信じて、そこから信仰を深めていくんだと思うよ。それにその宗教に対する考え方次第でキリスト教と一口に言っても様々な主義があるし仏教も宗派が分かれてる。一部の過激な集団は価値観を統一しようと紛争を仕掛けたりするがこのような背景がある時点で難しいと思うんよ。それに、絶対的に信じて良いはずのもの、いわゆる真理なんてものが存在するのかもまだまだ分からないことだらけで研究されているし、この宗教は一概に悪だの正義だの言い切れるような環境ではないと私は思いますね。

漫画とか見てて思うけどどんなに倫理的にも道徳的にもどうかと思うような集団でも彼らなりの理由があって戦ってるんだと知れば、最後までその理由を譲れずに戦い続けると、強い方が勝って弱い方が負けるだけの戦力ゲームにしかならないと思うんよ。そこで勝った方を正義負けた方を悪としたりね。
スパイダーマンで出てきたセリフなんだけど「大いなる力には大いなる責任が伴う」ってこれうろ覚えなんだけどもね。大いなる力とは言っても一概に悪だの正義だの言い切れるわけではなくて、その力の使い方によって正義であるとか悪であるとか変わってくると思うんよ。抑止力のための核兵器とかね。

ここから考察して見たんだけど、最後まで戦い続けて相手に服従を強いるのではなくて、例え悪と評される「何か」があろうと共存できるなら出切る範囲内で共存していこうとする姿勢がとりあえず平和のためには大切だと思う。その平和も正義も多数の考え方があるのはもちろんなのだがそれを全て受け入れるのは難しい。その考え方の違いを認めた上で、様々な観点で受け入れるべき考え方や受け入れないべき考え方、両立できるのはどこまでかなどについて考えるのも大切だと思う。

絶対的正義や絶対的悪なんてものはこういう考え方の違いがあるし、どう判断したら正解かなんかはわからないだろうから、それはなんなのかと問われても様々な解があるから絶対的には言えないと俺は思う。

俺の考え方はとりあえず、正義と悪の共存を望んでるってこと。

名前:

メール欄:

内容:


文字色

大きさ

File: