ろしゅつくんルーム☆

17名無しさん
2018-02-18 12:38:26
ID:lPuB2.6c

ある日 パパとふたりで
語り合ったさ
ちんぽをしごく気持ちさ
そして虚しさのことを
ちんちん
僕の自慰は寸止めオナニー
ちんちん
パパの自慰はララおかずにぶっかけ

その時パパがいったさ
ぼくのマラ握り
とにかく絶頂が来たら
ラララ早くイクんだと
ちんちん
パパの右手高速手コキ
ちんちん
快感にはララ全身ふるえる

ある朝 ぼくはシコって
その後知ったさ
この世にすごい
虚しいことが
あるってことを
ちんちん
心もマラもふにゃふにゃなえて
ちんちん
布団を出てララ朝食にむかう

あの時パパと
約束したことを守った
ちんこをかため
足をはり ラララ
ぼくはイッてた
ちんちん
ティッシュには精子あふれ
ちんちん
そこからもれて ララ 布団もぬれる

その朝パパは出かけた
男優試験へ
二度とママとヤらないと
ラララ ぼくにもわかった
ちんちん
風俗嬢は性病かかり
ちんちん
来る客もまた性病にかかる

やがて月日が過ぎゆき
ぼくは知るだろう
ぼくのヤってた寸止め
ラララ オナニーの怖さ
ちんちん
睾丸には精子がたまり
ちんちん
膨れ上がりララ摘出不可避

いつかぼくも子どもと
語りあうだろう
子どもをつくるよろこび
そしてつらさのことを
ちんちん
おちんぽにはゴムがついてない
ちんちん
嫁の膣にはララ精子がひろがる
ちんちん
おちんぽにはゴムがついてない
ちんちん
嫁の膣にはララ精子がひろがる
精子がひろがる
精子がひろがる
精子がひろがる

名前:

メール欄:

内容:


文字色

大きさ

File: